カテゴリー

最新の記事

2019.12.11
抜歯部位の選定に悩む
2019.12.10
口唇閉鎖機能測定の検討
2019.12.09
施術料支払い期限
2019.12.07
再相談
2019.12.06
イルミネーション

アーカイブ

カレンダー

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2020年1月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2011年12月23日の記事

抜歯・非抜歯2011/12/23

今日は冬休み最初の日だったので天皇誕生日で祝日で通常休みなのに診療した。

矯正の治療方針に抜歯ケースと非抜歯ケースがある。私はなるべく非抜歯で行うような治療方針を立てる方だと思っている。

きょうは診断がⅠケースあった。骨格的には問題なく、叢生の程度は軽度だが上下顎前歯の唇側傾斜があり口唇も閉じにくいので、私の考えた第1案としては抜歯として提示した。

しかし、ご希望は非抜歯であったため、治療方針は非抜歯となった。

それはよくあることなので、了解して、口元については不十分な結果になることも了解いただいた。

そうしたら夕方になり先日、診断した別ケースから電話がかかってきた、このケースはボーダーラインながら、口元が出ていないため、非抜歯治療を提示してあった。

しかし今日の電話では抜いて治療を進めてくださいとのことだった。抜いたほうが治療が楽になるのでもちろん了解した。

1日のうちに逆なケースを経験した。どちらも患者さんの意思(希望)に沿うように治療する、そのお手伝いをする仕事だと思っている。

自己決定で良いと思う、しかし説明した問題点もしっかりと覚えていてもらい、あとで不満がないようにしてもらいたい。

治療について

ブログ2011年12月|18:21:37

このページのトップへ