1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. スペースがあり口元が出ている

カテゴリー

最新の記事

2019.12.11
抜歯部位の選定に悩む
2019.12.10
口唇閉鎖機能測定の検討
2019.12.09
施術料支払い期限
2019.12.07
再相談
2019.12.06
イルミネーション

アーカイブ

カレンダー

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2020年1月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2011年12月24日の記事

スペースがあり口元が出ている2011/12/24

今日の新患(3年前に1度相談に来ている)は17歳男子で上顎正中を含む前歯部に隙間がある。下顎の歯列はきれいに並んでいる。

口唇は閉鎖しにくく、口元は出ている。

主訴、特に母親の希望は(本人は矯正治療を積極的には望んでいない)口元の突出の改善だ。

しかし、それを改善するためには抜歯が絶対に必要だ。本人は抜歯をしてまで矯正を望んでいないし、口元に対しても関心がない様子だ。

私も、やれと言われれば抜歯をして、装置をつければ口元の改善は可能と考えているが、隙間のある歯列の歯を抜歯して前歯を後退させていくのも何か抵抗がある。

2度目の相談だったから、見ただけよりわかりやすくなる検査、診断に進むことになった。

診断時に前歯部の隙間の閉鎖のみが希望であれば、そのようにやっていくのも良いと思う。前歯部のスペースで食べにくいような不都合を訴えていたので、それの改善でも意味はあるかもしれない。

昨日も書いたが、抜歯と口元の問題の価値観はまだまだゆれている。

治療について

ブログ2011年12月|17:36:00

このページのトップへ