1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 1991年初診患者来院

カテゴリー

最新の記事

2018.07.17
2歯欠損では保険適用できない
2018.07.14
咬合が良くなった
2018.07.13
高校2年生の相談
2018.07.11
犬歯の埋伏
2018.07.10
バンドカリエス

アーカイブ

カレンダー

2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。詳しい診療時間は受付にお問い合わせください。学校の夏休み中は予約が混み合います。早めの連絡をお願いします。
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2012年6月12日の記事

1991年初診患者来院2012/06/12

1991年初診時14歳の女性が今日来院した。

昨日連絡があったので、倉庫まで行って資料をそろえることはできなかったがカルテは手元にあった。

見てみると主な治療は1992年から1993年ころに行われている。上顎前突の抜歯ケースであった。

リテーナーになってからも良く通って来ている記録が残っている。

2005年までは毎年定期健診にきて、カルテには「良好」と記載されている。

しかし、その年2回約束の日に来院されず、その半年後にカルテは終了の扱いになっていた。

そして今日、診ると下顎前歯の叢生、オーバージェットが大きくなっている。

リテーナーは持ってきたが、だいぶ汚れて、まったく合わない。来院されなかった7年間はリテーナーをだんだん使用しなくなってきて、半年前からはまったく使用していなかったそうだ。

治すためには再度マルチブラケットによる治療が必要と説明、料金は2度目なので配慮すると説明したが結局、現状でリテーナーを作った。

このような前に治療した患者さんが来るのだから当院も古くなったものだ。

だから、このような貴重な矯正治療の10年後、20年後の症例を見ることができる、。

マルチブラケットをはずしたとき、よく患者さんにリテーナーの夜間使用は「ずっと」続けたほうがいいよという。

その「ずっと」も10年も続ければ、誰だってもういいだろうと思いたくなる。しかしそうでもないようだ。

20年も経ったものが「戻り」なのか「新たな不正」なのか定義はわからない。

矯正歯科医は一回治療すると、それずっと保つこと意識しすぎているのかもしれない。

そんなことを思いつつ私はリテーナーの夜間使用を20年続けている。

治療について

ブログ2012年6月|18:40:30

このページのトップへ