カテゴリー

最新の記事

2018.12.08
治療開始時期
2018.12.07
今日の最後は矯正相談
2018.12.05
マルチブラケット撤去
2018.12.03
乳歯の抜歯が多かった
2018.12.01
歯根吸収の経過観察

アーカイブ

カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。年末・年始の休診日にご注意ください。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2013年3月23日の記事

成長を観察して2013/03/23

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

初診は2003年、当時6歳の男の子。

カルテに貼ってある写真の顔面写真は中顔面部の陥凹、口腔内写真は乳歯列だが、マイナスのオーバージェットが大きい。見るからに外科ケースだ。

だが、その当時はまだ骨格の成長に対して何とかしようと考えていたたのだろう。

上顎前方牽引装置をセットしている。でも使った期間は10か月程度だった。

被蓋改善したのでやめているようだ。

その後はずっとはえ変わりと成長の観察を半年ごとに診ていった。

そして、今春から高校入学、いくら男子でも成長には目途がついてきている。

加えて、10年間の成長の観察がある。

現在の咬合は軽度の叢生があるだけだ。それを非抜歯で並べれば終了できそうだ。

しかし、静岡市に転居してしまった。静岡とここ沼津は電車で一時間、通えな距離ではないので、今後どうするかを今日相談した。

結果、岡での治療を希望したので、親しい先輩の府川先生のところに依頼することにした。

振り返ると「6歳の時に上顎前方牽引装置で被蓋改善しておいたことが、その後の成長に良い影響を及ぼした。」と考える。あの診断は正しかった。などと言ってはいけないと思う。

何の根拠もない。ただの偶然かもしれない。今はエビデンスの基づいた治療が求められている。

それが一番良いことだと思うが、それがはっきりしないときには、長年の経験に基づく勘も大切なのかもしれない。

治療について

 

ブログ2013年3月|18:07:02

このページのトップへ