カテゴリー

最新の記事

2019.01.22
高校卒業に間に合った
2019.01.21
初診は昭和62年の続き
2019.01.19
アンカースクリュー撤去3人
2019.01.18
クリアリテーナーが穴だらけ
2019.01.16
顎変形症と自覚

アーカイブ

カレンダー

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。2月は学会出席のため、臨時休診日があります。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2019年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2014年2月17日の記事

専門医更新症例2014/02/17

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

日本矯正歯科学会の専門医の初年度審査(2006年)に合格し専門医となったが、5年ごとの更新が必要となる。

第一会の更新は2011年に済ませたが、第2回の更新を今年から受け付けてくれる。

最初の専門医の審査は指定の症例10例の審査や試問を受ける厳しさとは違い、3症例の審査だけだから、更新の方が容易ではあるが、やはり、自信を持って審査に臨む症例を見つけるのは難しい。

審査の症例にふさわしい保定期間がが3年近くあり、抜歯ケースでもある患者さんが定期検診に訪れた。そして今日の時点でよく安定していので、そのことを話してお願いしてみた。

そしたら快く承諾いただいた。しかし今日は資料採得している時間がないとのことで日を改めて行うこととなった。

期限は再来年までだが、できれば10月の学会までに3ケースを揃えて、今年で更新審査を終わりにできないかと考えている。

ブログ2014年2月|19:34:29

このページのトップへ