カテゴリー

最新の記事

2019.08.24
ニューヨーク転居の続き
2019.08.23
1枠に兄弟3人初診相談
2019.08.21
仕上げに当たり細かい指摘
2019.08.20
新患者3人
2019.08.19
マルチブラケット期間3年9ヶ月

アーカイブ

カレンダー

2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2014年4月16日の記事

大人の新患2人2014/04/16

今日は2件の矯正相談があった。

一件は30歳女性、主訴は下顎前歯の叢生だった。小学校3年から反対咬合の3年程、治療を行ったそうだ。

現在、被蓋関係は正常だが、骨格的には下顎が出ているように見えた。

患者さんは、簡単に下顎の前歯が並ぶように思ってきたらしい。

しかし、簡単にこのまま並べたらかみ合わせは反対になり、また下唇は前に出てしまう。

そんなことでは満足できないだろうから、抜歯の話や下顎の歯を全体的に後に送る話となる。

そうなると簡単と言うわけにはいかない。

もう1件は20歳女性、顎の右への歪みを主訴としてきた。

確かに顔の歪みはあるのだが、臼歯部は両側ともしっかりとよく噛んでいる。

下顎前歯の少しの叢生と正中の不一致がある程度だ。

説明の道筋では顎変形症となるわけだが、この程度のかみ合わせで顎の歪みだけで顎変形症にするのもためらってしまう。

昨年はこの程度の症例を2件手術してもらったた経験があるのだが・・・・。

そのような説明もしたが、これからどうなっていくのだろうか。

今日の2件の相談はすっきりと矯正治療すれば良いと勧められない症例だった。

矯正相談

ブログ2014年4月|19:45:36

このページのトップへ