カテゴリー

最新の記事

2019.08.24
ニューヨーク転居の続き
2019.08.23
1枠に兄弟3人初診相談
2019.08.21
仕上げに当たり細かい指摘
2019.08.20
新患者3人
2019.08.19
マルチブラケット期間3年9ヶ月

アーカイブ

カレンダー

2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2014年4月23日の記事

再来院新患2014/04/23

4時頃、突然、初診相談の女性が受付越しに声をかけてきた。

10年前に当クリニックに相談に来ていると言う。

その頃ならもうすでにデータベースに記録があると考えて検索してみた。

しかし、みつからなかった。

受診申込書を書いてもらったら、その名前の読み方が特殊だったためデータベースの検索にに挙がってこなかっただけであった。

ちょうどその時間帯にキャンセルがあったので初診相談に応ずることができた。症状は上顎前突で口唇閉鎖不全が伴い、下顎前歯は叢生もひどかった。

正確には前回相談は2003年だったので11年前ということになる。

患者さんは、当時ならまだ10代で、条件よく矯正治療ができたろうにと思った。

今からのほうが治療期間も少し余分にかかり、歯肉退縮によるブラックトライアングルなども心配になってくる。

相談では10年前も抜歯のことが気になり延び延びになったようだが、今回も抜歯のことを心配されていた。

気持ちは十分にわかるが、抜歯を避けられるような症例では無いことも確かだ。

10年の時を経た矯正の相談が実際の治療に結びつくかどうか?

矯正相談

ブログ2014年4月|19:35:06

このページのトップへ