1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 歯周病患者の治療の続き

カテゴリー

最新の記事

2018.10.19
抜歯、非抜歯は診断で
2018.10.17
智歯を起こす
2018.10.16
真の主訴と解決方法
2018.10.15
下顎両側第一大臼歯半埋伏
2018.10.13
スポーツガードとセットアップ

アーカイブ

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。10月は学会出席のため臨時休診日があります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2014年10月8日の記事

歯周病患者の治療の続き2014/10/08

45才のかなりひどい歯周病の患者さんが来院した。

この患者さんは一般歯科から依頼を受けて半年ほど矯正治療を行った。

下顎4前歯のスペースを閉鎖することができたので、戻っていただいた。

その際、上顎の前歯には仮ブリッジが入っていて、それと切端咬合程度に仕上げた。

できれば、補綴で被蓋改善してもらえないかと考えていた。

そして今日の来院、仮ブリッジが本物に変わっていたが、反対咬合になっていた。

さて、どうしようか悩んでしまう。矯正歯科医にとって反対咬合のまま終わるのはとても抵抗がある。

でも今まで半年間やってきたインビザライン風の治療ではとても仕上げられそうもない。

マルチブラケットをつければ何とかなりそうだが、歯周病はどうなる?費用は?

ちょうど幸歯会があったので相談した。下顎にプレートをいれて前歯を舌側傾斜させいくという案も出た。

それも良いかもしれない。しかし、やはり患者さんの希望をよく聞く必要があると思う。

いくつかの案を出して、選んでもらうことになるだろう。

治療について

 

ブログ2014年10月|21:45:10

このページのトップへ