1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. ブラケット周りの白濁

カテゴリー

最新の記事

2018.12.11
矯正治療後の口元突出
2018.12.10
埋伏犬歯1年待ち
2018.12.08
治療開始時期
2018.12.07
今日の最後は矯正相談
2018.12.05
マルチブラケット撤去

アーカイブ

カレンダー

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。年末・年始の休診日にご注意ください。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2015年4月13日の記事

ブラケット周りの白濁2015/04/13

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

今日11歳の女子のマルチブラケットを撤去した。

歯列咬合は良好に仕上げることができ、治療期間は1年8ヶ月だったが、上下顎前歯の歯頸部やブラケット周りに白濁を残した。

近頃あまりこのような状態は見なかったので大変残念だった。

治療中にも気がついて何度も指導注意はしたが結果は何カ所も白濁が見られる状態となっていた。

治療中気がつき指導を繰り返しても改善がないときにはブラケットはずすべきだと思う。しかし現実にはできなかった。

その結果がこうなってしまった。

一カ所はもう充填が必要になっていたので、一般歯科医院に依頼した。

他の白濁についてはこれから当クリニックで遅まきながら管理指導していくつもりだ。

昔はもう白濁は治らない、と思っていたが、幸い最近はアパガードリナメルをしっかり使ったりすると目立たない程度には回復するとみている。

開始前のカリエスリスクのチェックや口腔衛生指導が大切な事は分かっている。
そこで、いつまでも改善しない患者さんに治療を始めない決断、はじめてしまっでもブラケットをはずす決断、そういうことが必要だったと思った。

治療について

ブログ2015年4月|19:24:50

このページのトップへ