1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 主訴は口元が出ている

カテゴリー

最新の記事

2018.07.17
2歯欠損では保険適用できない
2018.07.14
咬合が良くなった
2018.07.13
高校2年生の相談
2018.07.11
犬歯の埋伏
2018.07.10
バンドカリエス

アーカイブ

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。詳しい診療時間は受付にお問い合わせください。学校の夏休み中は予約が混み合います。早めの連絡をお願いします。
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2015年12月14日の記事

主訴は口元が出ている2015/12/14

今日の矯正相談は31歳女性で主訴は、口元が出ていることだった。

相談前の口腔内写真を撮っているときに、上顎にわずかな叢生があるものの、良好な歯列咬合に見えた。

その写真を見ながら主訴について尋ね始めた。

想像していた通り7年前に矯正の経験があるとの話だった。

そのときの主訴は反対咬合だったという。

多分、非抜歯で上顎を前方に拡大して、叢生と反対咬合治したと想像できる。

だから歯列咬合とすれば被蓋は安定しているし、臼歯部の咬合関係も良好と言える。

しかし、口元については出ていた下唇にあわせて上唇を出したことになるので、口元が出ている感じが否めない。

7年前に治療した矯正歯科医は、それで治療は成功したと思っているのかもしれない。

私もそれで患者さんが満足してれば成功例だと言っていいと思う。

しかし今日のように、口元について不満を相談してくると困ってしまう。

以前にもそのような例を顎変形症として扱ってほしい希望があった。

今回はそのようなことを言っているわけではないが、このような状態を顎変形症として扱うのはおかしいと思う。

かといって、すでに下顎前歯が舌側に倒れているので抜歯ケースとして治療していくのも難しいような気がする。

結局、当クリニックで治療をしていく話にはならず帰って行った。

これから前の矯正歯科で相談するのか他の医療機関に相談に行くのかわからないが、納得のいく結果に満足できるような状態になってほしいと思う。

矯正相談

ブログ2015年12月|19:33:19

このページのトップへ