カテゴリー

最新の記事

2018.12.08
治療開始時期
2018.12.07
今日の最後は矯正相談
2018.12.05
マルチブラケット撤去
2018.12.03
乳歯の抜歯が多かった
2018.12.01
歯根吸収の経過観察

アーカイブ

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。年末・年始の休診日にご注意ください。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2016年2月10日の記事

多数歯欠損の経過2016/02/10

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

6歳で多数歯欠損と診断して定期観察し、現在9歳となっている女の子が来院した。

今日の来院は定期観察の時期よりも早く母親が気になっていることの相談だった。

その相談は左上側切歯部、左下犬歯部に歯がはえてこないと言っている。

さらにそのため噛めないから義歯が必要ではないか、とかその部分が抜けていて、見た目が悪いとのことだった。

診てみると歯が出てこないという部分にも永久歯の一部が透けて見える。

また、その部分がなくても食べる事に影響はない事はわかる。

また、見た目と言っても、その世代の児の自然な姿としてみていいと思う。

だから母親の言っていた。小児義歯など作る必要はなく、このまま経過観察を続ければよいと説明した。

しかし、 3年近くレントゲン写真を撮っていないため撮影すれば、今の状況をより詳しく説明できる。

ご希望によりレントゲン撮影を行った。

結果は生えてこないと言われている歯は出てくる直前であり、多数歯欠損については、以前よりはっきりしてきた。

6歯足りない事は分かっていたが、どうやら10歯の先天欠如となった。

今後、どのように永久歯を配列し、どの部分を補綴するか、治療計画を立てていかなければならない。

治療について

 

ブログ2016年2月|18:50:04

このページのトップへ