1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 昨日の湘南矯正歯科研究会

カテゴリー

最新の記事

2018.10.17
智歯を起こす
2018.10.16
真の主訴と解決方法
2018.10.15
下顎両側第一大臼歯半埋伏
2018.10.13
スポーツガードとセットアップ
2018.10.12
父親が当クリニック患者だった

アーカイブ

カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。10月は学会出席のため臨時休診日があります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2016年5月20日の記事

昨日の湘南矯正歯科研究会2016/05/20

昨日、新横浜のホテルアソシアの会議室で湘南矯正歯科研究会の例会が開かれた。

いつものメンバー9人が集まって、それぞれが症例を持ち寄って発表した。

私は外科併用症例を3例持っていった。

一昨年あたりから、当クリニックでも外科を併用する矯正治療が多くなってきている。

そのケースの中に外科併用が、本当にふさわしいかどうか気になっているケースもあった。

そんなケースを持っていって発表した。

2例は終了して患者さんが満足している。

91例は1年以上検討し、その結果、外科併用としての術前矯正が始まろうとしている。

まず初診時の歯列模型だけ提示してどのように治療するか見てもらった。

とてもその模型からだけでは外科併用とは思えない。

しかし、顔貌を見ると外科併用も考えられるケースとなる。

現在は外科併用となる絶対的な診断基準がない。

そうなると、患者さんと矯正歯科医と口腔外科医の3者が外科併用と決めればその方向で進むことになる。

患者さんの相談の窓口は矯正歯科医になることが多い。

その時にどのような話をして外科にするか、しないか大事な事になってくる。

資料の分析結果だけで決定できないことは分かっているが、何か基準になるようなものも欲しいなと思う。

治療について

ブログ2016年5月|19:02:23

このページのトップへ