1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 固定式リテーナーの功罪

カテゴリー

最新の記事

2018.10.20
アンカースクリュー緩む
2018.10.19
抜歯、非抜歯は診断で
2018.10.17
智歯を起こす
2018.10.16
真の主訴と解決方法
2018.10.15
下顎両側第一大臼歯半埋伏

アーカイブ

カレンダー

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。10月は学会出席のため臨時休診日があります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2016年9月6日の記事

固定式リテーナーの功罪2016/09/06

午前20歳の男性の患者が来院した。

その患者さんは1年余り前に、マルチブラケットを撤去して保定に入っている。

その保定装置は上下顎前歯部に固定式リテーナー、それをカバーするようにクリアリテーナーを作りそれは夜間使用してもらった。

その1年間の間にもクリアリテーナーでの協力は良くなかった。

今日はクリアリテーナーをなくしたために、急患として来院している。

しかし、それを無くしたのは1ヶ月以上前のことだそうだ。

どのようになっているのか心配で、恐る恐る口の中を見た。

初診時は厳しい叢生を伴う上顎前突であった。

それをなんとか、叢生は改善し口元は十分後退させられなかったが上顎前突は改善した。

だからリテーナーが使われていない状態はとんでもないことになることが想像つく。

しかし、診てみると固定式リテーナーは上下ともついている。

その結果なのだろう。一見問題なく見えた。

細かく見れば抜歯した隙間が少し入ってきたりしていたが、まずまず安定していた。

そして口の中の衛生状態をチェックするととても悪い、それとも関連するかのように、下顎の前歯部舌側の固定式リテーナーには歯石がべったりとついていた。

今日は固定式リテーナーが部分的に接着がはずれていた部分を修復しクリアリテーナーはもう協力が得られないだろうと考えて再製作はしなかった。

1年以上前に積極的に取り入れた固定式リテーナーは患者さんの協力を得ることがなくても安定させることができる。

しかし、やはり協力を得て取り外し式のリテーナーを使った方がもっと良いのではないだろうか。

治療について

ブログ2016年9月|19:42:43

このページのトップへ