カテゴリー

最新の記事

2018.08.10
Perの急発の疑い
2018.08.08
歯槽骨成形
2018.08.07
ホームページ対策一ヶ月後
2018.08.06
静岡医療センターで打ち合わせ
2018.08.04
今日あったこと

アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。詳しい診療時間は受付にお問い合わせください。学校の夏休み中は予約が混み合います。夏季の特別休診に注意いただき、早めの連絡をお願いします。
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2016年12月17日の記事

また開咬になった2016/12/17

43歳女性が保定観察で来院した。

その患者さんは2012年顎関節が吸収していくために起こる開咬で吸収の停止を待って 、8月に外科併用の矯正治療を開始した。

外科を併用したため治療期間は短く2014年5月に装置を撤去した。

その時点では理想的な咬合となり、外科を併用しなければこのような結果は得られなかったと患者さんとともに喜んだ。

その後、3ヶ月、半年間隔で検診していくとジリジリと開咬が悪化していく。

そのたびに再治療の話は出ていた。

しかし、今日、診てみると初診相談時ほどではないが、かなりの開咬になっていた。

保定開始から約2年半が経っていた。

こうなると矯正治療だけでは難しくなる。矯正治療だけならば抜歯も考えなければならないと説明した。

外科でも検診は続き、顎関節についても治療が続いている。

来年1月MRIを撮影するそうだ。

その結果では再手術も考えられる。

あれだけ良くなっても戻る。特に開咬は難しい治療だと感じる。

治療について

ブログ2016年12月|18:20:18

このページのトップへ