1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 固定式リテーナーの功罪

カテゴリー

最新の記事

2018.10.20
アンカースクリュー緩む
2018.10.19
抜歯、非抜歯は診断で
2018.10.17
智歯を起こす
2018.10.16
真の主訴と解決方法
2018.10.15
下顎両側第一大臼歯半埋伏

アーカイブ

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。10月は学会出席のため臨時休診日があります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年5月17日の記事

固定式リテーナーの功罪2017/05/17

夕方二十代後半の女性2人保定観察を行った。

どちらも、症例としては叢生で上下顎左右側の小臼歯抜歯行って治療している。

どちらもマルチブラケット治療中は積極的に良い協力のもとに良好な結果で治療を得ることができた。

しかし保定のやり方はちょっと異なった。

現在、抜歯、非抜歯にかかわらず上限額の犬歯間に固定式リテーナーをつけている。

一人は犬歯間までではなく第2小臼歯まで伸ばしてあった。

その伸ばしてあった部分の接着が昨日はずれたという。

しかし、抜歯の部位の隙間は空いていなかった。

もう1人は固定式リテーナー犬歯で止まっていて抜歯空隙は閉鎖後クリアリテーナーの夜間使用で保持することにしていた。

それが、あれだけマルチブラケット期間中は協力がよかったのにクリアリテーナーをしばらくつけていなかったという。

2 mmほどの隙間が空いてきてしまっている。

昼間のクリアリテーナーの使用を嫌だと言うことで、結局その隙間をそのままということになってしまう。

もし犬歯間の固定式リテーナーなかったらもっと見酷いことになっていたろう。

2年余り前よりほとんどの患者さんに固定式リテーナー使用して、とてもひど戻りの症例には見たことがない。

今日の経験からも保定は患者さんの協力を求めるよりも「手間なし」のほうがいいのかもしれない。

治療について

ブログ2017年5月|19:03:27

このページのトップへ