1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 「矯正歯科何でも相談」読書続き

カテゴリー

最新の記事

2019.01.22
高校卒業に間に合った
2019.01.21
初診は昭和62年の続き
2019.01.19
アンカースクリュー撤去3人
2019.01.18
クリアリテーナーが穴だらけ
2019.01.16
顎変形症と自覚

アーカイブ

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。2月は学会出席のため、臨時休診日があります。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2019年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年5月31日の記事

「矯正歯科何でも相談」読書続き2017/05/31

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

1ヶ月前ほどから日本臨床矯正歯科医会が発行した「矯正歯科は何でも相談」をスタッフと読んでいる。

今日も午前に少し時間があったので10件ばかり読んだ。

今日読んだところは治療前の相談から第2章の治療中の相談になっているので、より深刻さが増しているように思う。

やはり転医の問題が多いが、単に住まいが変わったからというようなことではなく、信頼関係が失われたことによる問題が出てきているように思う。

この冊子は患者さんからの相談に対して担当者(矯正歯科医会担当者)が答えている形式だ。

当然、患者さんが困っているから、その相談をしているのは解るが、歯科医も困っているだろうなぁと推察する。

トラブルは矯正治療に対しての知識の問題も関係してくるともう、最近のようにネット情報がいっぱいあれば知識不足は考えられないが、その選択に誤りがあるのだろう。

そしてその後はどうしてもお金の問題が関係してくる。

結局、人間対人間が長期にわたってゴールを目指して協力して治療していかなければならない治療なので当然、相性の良し悪しがある。

もし合わなかったらば、早く別の矯正歯科へ行った方が良い。

その時にできるだけお互いの負担を軽くするために、合理的な料金設定をすることだと思う。

昔、行っていた(今でもやっているところもある)一括前払いなどは不適当だと思う。

健康保険の料金体系が良いとは思わないが、治療の一回一回で清算しているので、金銭でのトラブルは起きにくい。

治療の始まる前の初診相談でお互いに見抜くのが一番良いのだが、それまた難しい面がある。

長いお付き合いの矯正治療、多少の我慢はあっても無理なくゴールを目指してやっていきましょう。

治療について

ブログ2017年5月|19:58:50

このページのトップへ