カテゴリー

最新の記事

2019.01.22
高校卒業に間に合った
2019.01.21
初診は昭和62年の続き
2019.01.19
アンカースクリュー撤去3人
2019.01.18
クリアリテーナーが穴だらけ
2019.01.16
顎変形症と自覚

アーカイブ

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。2月は学会出席のため、臨時休診日があります。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2019年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年6月6日の記事

初診時年齢8才2017/06/06

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

初診時8才の女の子、反対咬合で顎が右側にずれていた。

顎変形症を疑いその時期には積極的なことはしなかった。

それでも永久歯萌出スペースの確保や側方拡大 、被蓋改善など行ってきた。

永久歯列となり、右上犬歯の萌出方向の異常があり、成長の心配もあったが、マルチブラケットによる治療を開始した。

ゴムかけへの協力が良く、2年4ヶ月ほどで、良好に仕上がった。

その後、保定していたがほぼ安定した経過を観察していた。

今日は1年リコールで来院、すでに高校3年生となっていた。

診ると前歯部が軽度の開咬となっている。おそらく舌癖だ。

今まで大変な治療を長期にわたり行ってきて、最後がこれではがっかりしてしまう。

状況を伝え、再治療の相談をした。

母親も本人も治療前向きだった。

早速、簡単な資料を採り、時間の都合が付いたのでブラケットを付けワイヤーを入れてしまった。

治療費は処置料(1回5000円)のみで行うことにした。

たぶん卒業までには装置撤去が可能ということで始まった。

患者さんの了解を得て、負担も軽い状況で初めてが、これは術者の仕上げに対してのこだわりかもしれない。

治療について

ブログ2017年6月|19:54:08

このページのトップへ