カテゴリー

最新の記事

2018.10.20
アンカースクリュー緩む
2018.10.19
抜歯、非抜歯は診断で
2018.10.17
智歯を起こす
2018.10.16
真の主訴と解決方法
2018.10.15
下顎両側第一大臼歯半埋伏

アーカイブ

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。10月は学会出席のため臨時休診日があります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年7月5日の記事

診断後の迷い2017/07/05

先週、診断した29歳女性が午後に質問や相談のために来院した。

咬合は切端咬合に近い状態だが、主訴は口元が出ている、特に下唇が出ていることが気になっていると思われる。

初診時に外科併用は考えないと言っていたので、診断でも上顎左右第2小臼歯、下顎左右第1小臼歯の抜歯で提案した。

診断の最後に外科併用を進めているわけではないが、考えなくてもいいですねと確認して抜歯の依頼書を書いた。

数日後、まず上顎第2小臼歯を抜歯する必要についての質問があった。

いったん電話を切った後、さらに外科併用についても相談したいという内容でかかってきた。

色々と調べて考え、迷っているなと推察した。

まだ何もしていないので、現状ならどのようにも対応できる、できるだけ迷って考えて結論を出してほしい。

しかし、そのためには考える材料を提示しなければ相談を受けることにならない。

抜歯後の横顔のシュミレーションを行うソフトも知っているが、今、持っていないし、誤解を招きやすいことも分かっている。

そこで、今まで治療した中で、似ている症例をホームページの「患者さんの声」から見せることにした。

外科ケースとして228番を外科なし抜歯ケースの8番を提示した。

8番は患者さんよりもっと下唇が出ているように見える。それが治療後には改善している。

それに驚いていたようだ。結果、予定通り抜歯して治療することとなった。

このように、再相談で納得が得られてよかったと思う。

また、「患者さんの声」が充実してきたので似ている症例を見せられのでより症例を増やして見やすいようにしていきたい。

治療について

 

 

 

ブログ2017年7月|19:45:15

このページのトップへ