1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 施術料返金システム

カテゴリー

最新の記事

2018.12.11
矯正治療後の口元突出
2018.12.10
埋伏犬歯1年待ち
2018.12.08
治療開始時期
2018.12.07
今日の最後は矯正相談
2018.12.05
マルチブラケット撤去

アーカイブ

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。年末・年始の休診日にご注意ください。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年7月7日の記事

施術料返金システム2017/07/07

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

数年前より、患者さんが今、治療をやめたらいくら返金するか、当方で治療できなくなったらいくら返金するか、などを自作の受付ソフトに組み込むことを考えていた。

私の所属する日本臨床矯正歯科医会では転医の際の返金の目安を大まかに決めてある。

それは治療の進行状況からの判断だがそれをコンピュータソフトのシステムに組み込むのは難しい。

そこで、治療期間の推移により1か月ごとに組むことにした。

当クリニックの施術料料金は治療の進行に合わせて4段階でいただくのだが、それでも部分的だが前払いの形になる。

その前払いの分を治療期間(治療の進行度と解釈して)に合わせて減らしていく。

そのプログラムを今日、完成させて、試験的な運用を始めた。

これによりボタンをクリックするだけで今、治療を中止したとき誰にいくらの返金(患者負債)が必要か、その総額は、が一瞬にしてわかる。

しばらく運用してよければ患者さんに提示しようかとも思っている。

しかし、これにより治療半ばで中止し返金を求められたりするのも医療としては不適切なようにも思う。

矯正治療はお金だけも問題ではなく、信頼、協力、継続などが大切であることは分かっている。

お金だけ清算すればよいと思っているわけではないが、せめてお金ぐらいすっきりさせておきたい。

結果、ワンクリックで患者負債総額を知ったが、その程度であったかと安心した。

矯正料金

 

 

ブログ2017年7月|19:36:44

このページのトップへ