1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 東京矯正歯科学会参加

カテゴリー

最新の記事

2018.10.20
アンカースクリュー緩む
2018.10.19
抜歯、非抜歯は診断で
2018.10.17
智歯を起こす
2018.10.16
真の主訴と解決方法
2018.10.15
下顎両側第一大臼歯半埋伏

アーカイブ

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。10月は学会出席のため臨時休診日があります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年7月14日の記事

東京矯正歯科学会参加2017/07/14

昨日、有楽町マリオンで開催された東京矯正歯科学会学術大会に参加した。

講演や展示よりも今回は商社展示を見ての買い物を主に行った。

中でもセファロ分析から始まり、現在はいろいろと診断の補助やプレゼンテーションなど多機能になってきたドルフィンというソフトについて興味を持っていた。

それはGCオルソリーが日本では販売している。

その機能の説明を聞く目的で会場まで足を運んだようなものだ。

そのソフトの特に外科矯正のシュミレーションを3Dレントゲン写真のデータを利用してどこまでで行えるか知りたかった。

最近の静岡医療センターでの手術では、骨を切り、その位置決めのサージカルプレートを当クリニックで作った。

それは、咬合器に歯列模型をに付着し、上下顎の位置を移動して即時重合レジンで作る方法だった。

しかし3Dレントゲンのデータを利用して、3Dプリンターで、サージカルスプリントができるとのことだった。

外科ケースがそれほど多いというわけでもない。

しかし、これから静岡医療センターでの手術が増えていき、サージカルプレートを当クリニックで作るとなれば、ぜひ取り入れたい技術だとみている。

説明を聞いて、より興味をもったので安いものでもないが発注した。

他にも最近多く使っているアンカースクリューを多めに注文したり、滅菌セットが不足気味でプライヤーも注文した。

それらを購入して早々に沼津へ帰ってきたら、直前まで大雨だったそうな、東京は晴れていたので、話を聞いてびっくりした。

ブログ2017年7月|19:21:31

このページのトップへ