1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 学校検診での歯列咬合不正

カテゴリー

最新の記事

2018.08.10
Perの急発の疑い
2018.08.08
歯槽骨成形
2018.08.07
ホームページ対策一ヶ月後
2018.08.06
静岡医療センターで打ち合わせ
2018.08.04
今日あったこと

アーカイブ

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。詳しい診療時間は受付にお問い合わせください。学校の夏休み中は予約が混み合います。夏季の特別休診に注意いただき、早めの連絡をお願いします。
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年7月18日の記事

学校検診での歯列咬合不正2017/07/18

現在治療中の12歳の女の子の弟(9歳)が、矯正相談に来院した。

学校の検診で不正咬合を指摘されたそうだ。

口腔内写真を撮ってみると、下顎前歯の軽度な叢生とやや咬み合わせが深い程度だ。

これを学校検診で指摘するのか、と思った。

この程度で指摘するなら、全員に検診結果のお知らせを出すことになる。

不正咬合や顎関節が積極的に検診されるようになって20年以上たつ。

取り入れられた平成7年はずいぶん相談者が多かったことを覚えている。

検診する歯科医の世代も代わり、不正咬合に対する認識も代わってき9たのかも知れない。

また検診担当歯科医のレベルが同じようになるように歯科医師会でキャリブレーション講習会もある。

しかし、なかなか同一レベルにはならないと思う。

私見だが、小学校の場合骨格性の厳しい反対咬合や上顎前突、明らかな悪習癖による開咬などは低学年で知らせるのは良いと思う。

他は高学年で不正咬合がはっきりしたところで指摘でよいのではないかと考えている。

正常咬合(それに近い)の割合は少ないのだから、残りをすべて指摘する必要はないと思っている。

結局、今日の相談者は永久歯まで待って、そこで問題があれば考えましょうということで終わった。

治療について

 

ブログ2017年7月|19:18:31

このページのトップへ