1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 矯正歯科何でも相談白書完読

カテゴリー

最新の記事

2018.10.20
アンカースクリュー緩む
2018.10.19
抜歯、非抜歯は診断で
2018.10.17
智歯を起こす
2018.10.16
真の主訴と解決方法
2018.10.15
下顎両側第一大臼歯半埋伏

アーカイブ

カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。10月は学会出席のため臨時休診日があります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年10月24日の記事

矯正歯科何でも相談白書完読2017/10/24

今年の春頃より、日本臨床矯正歯科医会の社会医療委員会の発行する矯正歯科何でも相談白書をスタッフとともに読み出した。

朝の打ち合わせの5分から10分位の間に少しずつ音読していった。

その本は昨年度にあった全国の矯正歯科に関する相談を事実に即してまとめた本だ。

スタッフと読み始めた目的は、同じような相談(苦情)を受ける可能性はある。

その時、社会医療委員会ではどのような回答をしているかを知るためだった。

そればかりではない、どのような苦情が世間にあるのか知ることも大事だと考えた。

やはり、多いのは転医の問題だった。

患者さんが住まいが変わり通院できなくなっての通常の転医もあったが、トラブルによる転医の相談も多くあった。

また、担当医が死亡したため、転医せざるを得ないが、治療の継続や料金(返金)の問題もあった。

その患者さんからの苦情も同情できるものもあるが、そうでもないものも多々あった。

社会医療委員会の回答はよく考えられた矯正治療の常識でよいとは思う。

しかし最後は「祈る」ばかりで、より具体的な回答を求める相談者には役に立っていないのではないかと思った。

今日、250ページ以上の本をスタッフと一緒に読み終えたことは、達成感はある。

これから当クリニックでトラブルがないことを願うが、起こりそうな時などにはきっと役に立つのではないかと思っている。

 

 

ブログ2017年10月|19:08:12

このページのトップへ