カテゴリー

最新の記事

2018.08.10
Perの急発の疑い
2018.08.08
歯槽骨成形
2018.08.07
ホームページ対策一ヶ月後
2018.08.06
静岡医療センターで打ち合わせ
2018.08.04
今日あったこと

アーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。詳しい診療時間は受付にお問い合わせください。学校の夏休み中は予約が混み合います。夏季の特別休診に注意いただき、早めの連絡をお願いします。
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2017年12月15日の記事

過剰歯2017/12/15

10歳の男の子が矯正の相談で来院した。

歯の交換は早めに進み、乳歯は上顎の両側第2乳臼歯が残っているのみだった。

右上側切歯が唇側に押し出されて、その口蓋側に永久歯の色をして犬歯のような姿をした歯があった。

そこで、パノラマX線写真を撮影した。

第2乳臼歯の下にはどちらも第2小臼歯があって、そこは問題なかった。

しかし、右上の犬歯は別にまだ未萌出で存在した。

そうすると、現在見えている歯は過剰歯と言うことになる。

そしてそれを抜けば右上側切歯は正常な位置に戻る可能性がある。

そのことを説明し抜歯することとなった。

通常では抜歯は依頼することになるが、この歯は根が長くなく簡単そうだったのですぐに抜くことにした。

大抵その年代の男の子は簡単な乳歯抜歯でもこわがりやらせてくれないのだが、この子は抜歯を了解してくれた。

実際、たいした困難もなく抜歯できた。

次回は半年後の観察となったが、その時にはきっと右上側切歯は正常の位置に動いていることことだろう。

治療について

ブログ2017年12月|19:28:03

このページのトップへ