1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 高校卒業までに装置撤去

カテゴリー

最新の記事

2018.10.19
抜歯、非抜歯は診断で
2018.10.17
智歯を起こす
2018.10.16
真の主訴と解決方法
2018.10.15
下顎両側第一大臼歯半埋伏
2018.10.13
スポーツガードとセットアップ

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。10月は学会出席のため臨時休診日があります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年1月19日の記事

高校卒業までに装置撤去2018/01/19

高校3年生を2人診た。

いずれも、まだ治療期間が1年に満たない。

高校3年生は進路が決まるまで治療を開始しないことを基本としている。

しかし今日の二人は短期間で終われる見通しを持って始めた。

二人ともスペースがありそのことが主訴であった。

だから、抜歯もせずにスペースの閉鎖のみだから早期に治療できると考えて始めた。

だが、そのような状態の不正咬合は舌癖を伴うことが多い。

そのために苦戦することがよくある。

でもこの二人はそれほどでもなかったようで、スムーズにスペースクローズが進んだ。

一人は女子で今日、固定式リテーナーを接着して来月撤去予定となった。

もう一人の男子高校生は下顎のスペースは閉鎖していた。

上顎がもう少しで2か月程度で閉鎖の見込みをもっている。

そうすれば卒業式は終えた後でも3月中に撤去可能となろう。

一つの人生の区切りまでになんとか矯正治療も区切りつけたい。

治療について

 

ブログ2018年1月|19:38:48

このページのトップへ