カテゴリー

最新の記事

2018.11.17
開咬の相談
2018.11.16
矯正医会合同支部会
2018.11.14
成人式までにはずす
2018.11.13
ブラックトライアングル
2018.11.12
兄弟で大変な治療

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年1月20日の記事

抜歯か非抜歯か2018/01/20

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

8歳の男子の矯正相談があった。

すでに2軒の歯科医院(矯正専門ではない)で相談しているという。

主訴は右下側切歯がはえてこない。その歯はレントゲンの結果では癒合しているという。

相談内容は2件の歯科医院で抜歯による治療を提案されているため、抜歯を避けようと相談に来たようだ。

まだ混合歯列期なのによく抜歯と決めてしまうものだなと思う。

また、それを聞き、抜歯を避けるような回答を求める。

その時の答え方は決まっている。

「抜くか抜かないか、抜くとすればどの歯かは大事な矯正診断です。簡単には答えられません。」

とは言っても抜歯になりそうな患者さんには初診時に可能性をお話ししておく。

それを、混合歯列期で断定的に説明してしまうのはどうかと思う。

また母親も検査もしない前に抜くか抜かないかを問うてくる。

これには、矯正歯科医院側の問題もあるかもしれない。

検査、診断にもけっこう料金がかかるので、治療開始前提で検査する傾向がある。

これらの状況から安易に抜歯、非抜歯を決めつけて言うのはやめたほうがが良いと考える。

矯正相談

ブログ2018年1月|19:07:38

このページのトップへ