1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. Ⅰ期治療の終わり方

カテゴリー

最新の記事

2018.12.15
口呼吸との関連は
2018.12.14
舌圧測定ができない
2018.12.12
床ワックス予定が肩すかし
2018.12.11
矯正治療後の口元突出
2018.12.10
埋伏犬歯1年待ち

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。年末・年始の休診日にご注意ください。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年1月26日の記事

Ⅰ期治療の終わり方2018/01/26

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

8歳男子、3年半ほど前に混合歯列の厳しい上顎前突で相談があった。

混合歯列である程度オーバージェット、オーバーバイトの改善を図るためバイトプレートで治療してきた。

積極的には1年半ほどで、その後は永久歯列に交換まで、バイトプレートを保定装置として使い観察してきた。

料金も積極的な治療していた時期の施術料だけだった。

患者さんは12歳今日診ると全部永久歯列になっていた。

そこで、再検査、再診断して永久歯列でのⅡ期治療の説明を行った。

3ヶ月ごとの観察時には永久歯列になったらⅡ期治療を開始しましょうと話してきた。

実際に永久歯列になり、治療開始の話をするとためらいが見てとれる。

もちろんこれから費用も期間も協力も負担となってくるので当然と思われる。

現症は初診時より改善しているが、まだ上顎前突と言える状態だ。

Ⅱ期に進めなければどうなると問われる。

このまま終了、というよりすでに積極的な治療が終え観察に入った時、混合歯列期での治療は終了と言っている。

先日も同じようなパターンがあった。

混合歯列期での治療で満足されて終了ならそれでも良いが、その境目での方向を決めるすっきりして方法はないものだろうか。

たぶん、すっきりせず時が解決してくれるのかも知れない。

治療について

 

 

 

ブログ2018年1月|19:39:12

このページのトップへ