1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. レントゲン写真を撮ってみると

カテゴリー

最新の記事

2018.09.22
12歳、13歳は良く動く
2018.09.21
新ユニット入る
2018.09.19
ユニット移動準備
2018.09.18
LANが繋がらない
2018.09.15
Oリング交換

アーカイブ

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年2月9日の記事

レントゲン写真を撮ってみると2018/02/09

3年ほど前に短期間で反対咬合を治し、その後半年に1回の検診を続けていた現在12歳の女子が来院した。

現在、乳歯は左上乳犬歯が残存、動揺はあまりない。

そのまま脱落を待つという考えもあったが、どの程度歯根が吸収しているかX線写真で確認することにした。

その部分だけなのでデンタルX線写真でよいと思い撮影した。

その結果は、乳歯根の吸収はほとんどなく、その直下に永久犬歯は存在しない。

永久犬歯の歯根らしい像が傾斜して写っている。

早速、パノラマX線写真の撮影を行った。

その様な状態の時に心配なのは隣接の側切歯、さらにはその隣の中切歯の歯根吸収だ。

自分でも経験があるし、その様な症例の発表多く見ている。

撮影結果は犬歯の向きは近心傾斜というより水平に近い。

幸い、側切歯にわずかな歯根吸収は疑われるが、中切歯はなさそうだ。

ひとまずはホッとしたがその埋伏犬歯をこれからどうしていくかが問題だ。

言い訳のつもりではないが、その2年前の撮影してあったパノラマX線写真からは予想できない。

こんなこともあるのかと新たな知見として覚えておくことにしよう。

治療について

 

 

ブログ2018年2月|19:38:37

このページのトップへ