1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 矯正治療と知覚過敏

カテゴリー

最新の記事

2019.02.19
2年以内に終わったが
2019.02.18
顎変形症の手術後の再治療 
2019.02.16
午前、午後アンカースクリュー植立
2019.02.15
矯正のみを選択
2019.02.13
メールで予約確認

アーカイブ

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。2月は学会出席のため、臨時休診日があります。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
2019年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年3月14日の記事

矯正治療と知覚過敏2018/03/14

19歳女性が右下第2小臼歯、第一大臼歯あたりの知覚過敏を訴えて急患来院した、

動的治療は今年になってから始まったばかりで先月はそのようなことはなかった。

矯正治療中に知覚過敏を訴える患者さんはときどきいる。

歯の移動で歯肉との間に隙間が生じて歯根に近い部分に刺激を受けやすくなるのだろう。

軽度ならばそのまま観察ということも多いが、症状を強く訴えると処置することになる。

当クリニックでは通常シール塗布とソフトレーザーの照射で対応している。

今回もその処置でだいぶ強く感じていた症状はなくなり帰宅された。

この処置で、その後なにも症状が出ない場合もあり、また数日後におこることもある。

しかし、その後ずっと続くことはないと思われる。

患者さんにはそのように伝えて、心配を和らげてもらっている。

治療について

 

 

 

ブログ2018年3月|20:36:50

このページのトップへ