カテゴリー

最新の記事

2019.02.19
2年以内に終わったが
2019.02.18
顎変形症の手術後の再治療 
2019.02.16
午前、午後アンカースクリュー植立
2019.02.15
矯正のみを選択
2019.02.13
メールで予約確認

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。2月は学会出席のため、臨時休診日があります。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
2019年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年4月6日の記事

治療と負担2018/04/06

5歳の口蓋裂の患者さんを診断した。

相談に来たとき5歳ではまだ検査も早いかなと思った。

しかし、問題なく一通りの検査を終えることができた。

上顎がやや劣成長で反対咬合だった。

この患者さんは長期にわたる治療、観察となることは分かっている。

だとすれば、私は治療による負担(通院、装置への協力)をできる限り減らして能率良く行うのが良いのではないかと思う。

昔は良く行った成長のコントロール、長い間チンキャップ、や前方牽引装置をつけてその反応を観察していった。

今でも、それらの装置が全く否定されてものでもないと思うが、当クリニックだけでなく、使用は激減していると思う。

今回もその様な装置がすぐ始まることを母親は期待していたようだが、前歯が永久歯に交換までは半年リコールとした。

もしかしたら期待外れの治療方針だったかも知れない。

しかし、観察なら治療(負担)が始まったとは思わない、一端装置を入れると、ずっと続くことにならざるを得ない。

装置装着はできるだけ遅らせ、撤去は早めて、負担の軽減に努めたい。

治療について

 

ブログ2018年4月|19:23:33

このページのトップへ