カテゴリー

最新の記事

2018.11.17
開咬の相談
2018.11.16
矯正医会合同支部会
2018.11.14
成人式までにはずす
2018.11.13
ブラックトライアングル
2018.11.12
兄弟で大変な治療

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年4月14日の記事

3D画像診断2018/04/14

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

先日、パノラマX線写真で左上犬歯の萌出方向が近心に傾き左上中切歯根尖と重なっていた。

より詳しく状態を知りたく、静岡医療センターへX線CTの撮影を依頼した。

1週間ほど前にそのCDが届き、そのまま見てみた。

スライスされた画像が何枚も映し出されて、それより立体を想像すると言うことらしい。

それでも分からないことはないが、外科のシュミレーションに使っているドルフィンでは立体の画像として見せてくれる。

そこで、そのデータをドルフィンに取り込んで見てみた。

どのデータをどのように取り込みどう見たら良いのか全く分からなかった。

しかし、いろいろ試みたら、けっこう分かりやすい立体画像を見ることが出来た。

今日はその中学1年女子の患者さんと母親にその画像を使って説明した。

パノラマでは重なって写っていた像は、中切歯が唇側で犬歯が口蓋側であることがわかり、そこには根吸収はなくわずかに隙間があることまで分かった。

また立体画像をくるくる回しながら見ることにも慣れてきた。

頭頂部から下顎の方から頸椎の方からそれぞれ理解しやすい画像となる。

それで、その犬歯の位置ははっきりしたが、それをどうするかということになる。

撮影してくれた口腔外科では全身麻酔で抜歯ということが提示されたようだ。

抜歯するのなら開窓して誘導を試みたいと思うがそれもなかなか難しそうだ。

現在、中切歯の歯根吸収がないから予防的に抜いておくのが良いか、観察していてはっきりしてからでも良いか。

はっきり吸収してきたら、その犬歯中切歯の代わりに萌出させる案はないものかなどいろいろ考えてしまう。

観察以外のことを始めるには夏休みと言うことになるので3ヶ月後の予約を取った。

治療について

 

ブログ2018年4月|18:24:58

このページのトップへ