1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. バンド合着のセメントの強さ

カテゴリー

最新の記事

2018.08.10
Perの急発の疑い
2018.08.08
歯槽骨成形
2018.08.07
ホームページ対策一ヶ月後
2018.08.06
静岡医療センターで打ち合わせ
2018.08.04
今日あったこと

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。詳しい診療時間は受付にお問い合わせください。学校の夏休み中は予約が混み合います。夏季の特別休診に注意いただき、早めの連絡をお願いします。
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年5月14日の記事

バンド合着のセメントの強さ2018/05/14

矯正治療の装置としてボンディングは発達して日常使われている。

しかし大臼歯についてはまだまだバンドが多いと思う。

今日18歳女子高生のマルチブラケット最終段階の調整をしていた。

治療開始から1年10ヶ月ほど経っている。

ワイヤーをセットしようとしたと左下7のバンドが動いた。

これは付け直さなければと思ったが、もしや他のバンドもと疑った。

案の定、隣の6、反対即の6、7とみんな緩んでいて付け直しとなった。

ここ数年、光重合のバンドセメントを使っているが使いごこちは非常に良い。

練る必要はないし、光で短時間で固まり余剰セメントを硬化後取る必要もない。

またはずすとほとんど歯面にのこらずバンドからもきれいに剥がれる。

以前補綴用のセメントを使っていた時期もあった。

これは協力についてバンドはずしにくいし。歯面にべったり残りそれを取り除くのが大変だった。

補綴のように永久にはずれない方が良いのと矯正のように一定期間の後は必ずはずすものとでは目的が違う。

今日のようにバンドがはずれてしまうと強力な接着力がほしくなるが、それで付けてしまうと後が大変だ。

現実的には一定期間で付け直すルールにしておいた方が良いと思う。

今後1年2ヶ月の資料採得の時にバンドをチェックすることにしようと思っている。

治療について

 

ブログ2018年5月|19:32:26

このページのトップへ