1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 6歯欠損のメール相談

カテゴリー

最新の記事

2018.08.17
静岡医療センターと連携
2018.08.10
Perの急発の疑い
2018.08.08
歯槽骨成形
2018.08.07
ホームページ対策一ヶ月後
2018.08.06
静岡医療センターで打ち合わせ

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。詳しい診療時間は受付にお問い合わせください。学校の夏休み中は予約が混み合います。早めの連絡をお願いします。
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年5月30日の記事

6歯欠損のメール相談2018/05/30

今日見たメール相談は35歳で6歯欠損で保険適用になるかとの相談だった。

添付された写真は他の歯科医院(矯正歯科?)で相談後に渡された写真のようであった。

それを見ると乳歯が残っていたり永久歯が不足している様子は分かるが、細かいところまでわからない。

6歯欠損保険適用といっても、それは先天欠如が条件となる。

中高生程度の年齢なら先天欠如でわかるが35歳となるとどのように先天欠如の証明ができるのか心配になる。

添付写真では乳歯が何本か残っている、その下に歯胚がなければ先天欠如と言うことになる。

既に乳歯が脱落しているところもあるように見えた。その部分の永久歯がが先天的になかったことの証明は難しい。

文中に幼少期から歯並びが気になっていたようだが、6歯以上先天欠如が保険適用になったのは確か平成24年からだったと思う。

35歳の方の幼少期には保険適用はない。今だから保険治療の恩恵を受けられると言うことになる。

保険でできる矯正治療が増えてきている中、担当しようとする矯正歯科医は増えていないような気がする。

歯科医院の経営が厳しい中、若い矯正歯科医は保険をさけているときく。

保険での矯正はこれからどのように展開していくのだろうか。

矯正相談

 

 

 

ブログ2018年5月|19:08:11

このページのトップへ