カテゴリー

最新の記事

2018.08.17
静岡医療センターと連携
2018.08.10
Perの急発の疑い
2018.08.08
歯槽骨成形
2018.08.07
ホームページ対策一ヶ月後
2018.08.06
静岡医療センターで打ち合わせ

アーカイブ

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。詳しい診療時間は受付にお問い合わせください。学校の夏休み中は予約が混み合います。早めの連絡をお願いします。
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年6月8日の記事

再治療の時期2018/06/08

昨年11月に術後矯正を終えて保定観察している19歳男性が来院した。

手術と術後矯正で良好な歯列咬合が得られたが保定装置使用が不十分で少し戻った。

口腔外科の先生がそのことを指摘し矯正あ(当クリニック)で相談することとなった。

確かに上顎歯列幅径が狭くなり前歯部に軽度の開咬が見られる。

先日、再治療を決めて、今日はセパレーションの予定だった。

しかし、来年1月の成人式に装置がついていたくないという。

あと、半年くらいしかない。

矯正治療は装置をつけるとすぐ半年くらい経ってしまう。

来年1月までの撤去は難しいと言わざるを得ない。

またそれまでに後戻りが進むかもしれないし、安定しているかもしれない。

期間とともに様子が分かってくる。

そこからでも遅くない。

だから、今日は装置装着の準備のセパレーションはやめて相談のみとなった。

成人式後にひどい悪化がなければ再治療の必要もないかもしれない。

治療について

 

ブログ2018年6月|19:49:02

このページのトップへ