カテゴリー

最新の記事

2018.12.08
治療開始時期
2018.12.07
今日の最後は矯正相談
2018.12.05
マルチブラケット撤去
2018.12.03
乳歯の抜歯が多かった
2018.12.01
歯根吸収の経過観察

アーカイブ

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。年末・年始の休診日にご注意ください。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年6月30日の記事

舌の癖と咬合2018/06/30

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

口腔周囲の悪い癖は咬合に影響を与えることは知られている。

それを治すためのMFT(筋機能療法)があることもしている。

しかしどうも積極的になれずにいる。

今日は土曜日、大人の患者さんが多かった。

そして午前の早い時間に最後の仕上げ段階で舌癖による開咬が認められた患者さんがいた。

その患者さんは舌の側縁に歯の圧痕がみられ、左右頰粘膜にも同様の圧痕がみられた。

その後の患者さんを診ていくと多くの患者さんにみられた。

しかしそれがはっきりと咬合に影響している患者さんもいるが、特に問題なさそうな患者さんもいる。

顎関節症患者に認められるといわれるTCH(常に上下顎の歯が接触している)にも舌や頰にに歯の圧根症状があるという。

そのことを毎日注意深く見てきたわけではないが、調べればなにか興味深いことが分かるのではないかと思った。

これから、歯の圧根がある患者さんに尋ねる項目を考えてみよう。何か分かるかも知れない。

治療について

ブログ2018年6月|18:43:35

このページのトップへ