1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 床矯正後の治療の治療方針

カテゴリー

最新の記事

2019.03.19
診断準備3人
2019.03.18
中学生に治療期間2年半
2019.03.16
圧下と歯根吸収
2019.03.15
ベータチタンのホワイトワイヤーは折れる
2019.03.13
初診は1992年

アーカイブ

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。4/30と5/1は祝日ですが、診療します。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年8月3日の記事

床矯正後の治療の治療方針2018/08/03

過去に他の歯科医院で床矯正を4年ほどの経験があり、先日相談があった患者さんの診断を行った。

相談のときに床矯正の結果、上下顎の叢生はほぼなくなり、オーバージェットもやや大きい程度だった。

床矯正で良く仕上がって、治療の必要があるのかというような言い方さえした。

上顎1,2番の軽度なステップや下顎右側犬歯の軽度な捻転を訴えていたこと承知していた。

でも、床矯正の後始末とすれば、抜歯による口元の後退と先入観を持っていた。

今日の診断でも小臼歯4本の抜歯を提案した治療計画書を提示した。

そうしたら、気になっているのは口元が出ていることではなく、上顎1,2のステップだという。

それならば、非抜歯で短期間でできますが多少口元は出るかもしれませんと言うことになった。

非抜歯で治療できて、ちょっとレベリングしただけで終わりで良いなら大変喜ばしいことだと思った。

ただ、「途中で口元が・・・」と言ってくる心配はしている。

もし「口元が気になったら早めに言ってください」と言って次回にから非抜歯で治療が始まることになった。

治療について

 

ブログ2018年8月|19:10:58

このページのトップへ