1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 装置撤去してう蝕見つかる

カテゴリー

最新の記事

2018.12.15
口呼吸との関連は
2018.12.14
舌圧測定ができない
2018.12.12
床ワックス予定が肩すかし
2018.12.11
矯正治療後の口元突出
2018.12.10
埋伏犬歯1年待ち

アーカイブ

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。年末・年始の休診日にご注意ください。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年9月3日の記事

装置撤去してう蝕見つかる2018/09/03

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

午前に30歳女性のマルチブラケットを行った。

バンドをはずしてみると左下6の遠心におおきな穴があった。

探針で調べると、う蝕だった。

その歯にはバンドが巻いてあったが、それを合着していたセメントが溶けたためのものではなさそうだった。

大きなレジン充塡がされていて失活歯であった。

どうやら内部からの二次う蝕のようだった。

根管治療がなされていたため痛みは感じないが大きくなっていた。

どの程度のなのか、4ヶ月毎に歯根吸収や歯根の平行性を診るために撮っているパノラマX線写真を見てみた。

するとバンドを透してもう蝕が見えていた。

X線写真撮影は矯正治療の目的で撮っているので、その目的の場所は確実にチェックするが、他にも情報がある。

う蝕は自分で治療するわけではないが、依頼するにもちゃんと把握するほうがよい。

今後、X線写真を見るのに矯正治療以外の所もしっかり見るべきだと感じた。

治療について

ブログ2018年9月|19:20:33

このページのトップへ