1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 日本語が分からない患者さんへの説明

カテゴリー

最新の記事

2019.03.23
料金改定打ち合わせ
2019.03.22
転医2件
2019.03.19
診断準備3人
2019.03.18
中学生に治療期間2年半
2019.03.16
圧下と歯根吸収

アーカイブ

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。4/30と5/1は祝日ですが、診療します。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年10月1日の記事

日本語が分からない患者さんへの説明2018/10/01

フィリピンから来日の19歳の患者さんの矯正治療が開始になった。

治療を受ける患者さんは日本語がほとんどわからない。

今日はアンカースクリューの植立を予定していた。

そのため、矯正治療開始の確認書、アンカースクリュー植立の同意書、外科処置の問診票にサインをしていただく必要がある。

それを日本語が理解できれば、読んでチェックで済んでしまう。

今回はそのすべての項目について通訳を通して同意や確認をしていった。

ベテラン受付が時間をかけて丁寧に説明し回答を得ていった。

確かに言葉はコミュニケーションの手段としてとても大切になる。

だから日本語が通じないとどうしても説明不十分で治療を行ってしまうことになる。

だが重要なことは通訳を呼んででも説明することが必要だ。

せめて国際語の英語ぐらい会話できなければと以前から努力してもうまくいかない。

現在、通訳経由の患者さんも治療が終わる頃には日本語で意思疎通ができるようになっているだろう。

治療について

 

 

ブログ2018年10月|19:33:55

このページのトップへ