1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 治療費について思うこと

カテゴリー

最新の記事

2019.03.19
診断準備3人
2019.03.18
中学生に治療期間2年半
2019.03.16
圧下と歯根吸収
2019.03.15
ベータチタンのホワイトワイヤーは折れる
2019.03.13
初診は1992年

アーカイブ

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。4/30と5/1は祝日ですが、診療します。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年11月10日の記事

治療費について思うこと2018/11/10

一部の保険適用を除き、矯正治療は自費で、診療所ごとに違う。

当クリニックも開業当初は診断時に料金を決めて治療開始時に一括していただいた。

それに抵抗を感じて20年ほど前より、治療の進行に伴う分割払いとした。

そして上限を決めて、最初に料金を決めずに、終わるときに決まることにした。

最初は不安を感じたが、大きなトラブルもなく、今では良い方法と思うようになっている。

それは、永久歯列のみで、混合歯列の分割はだいぶ遅れた。

それでも、現在は混合歯列も定着した。

その後、混合歯列の治療がすみ、永久歯に全部交換して永久歯列での治療に入る時の分割も考えた。

これについてはやっと症例が少しずつ出てきたところだ。

そこの流れについては、もう少し検討の余地があると思う。

数が少ないが、永久歯列への移行がスムーズでなかったり、永久歯での料金が永久歯でになってから開始したケースより低くなる。

混合歯列で努力したのだから永久歯列で低料金となるのは妥当という考え方もあるかもしれない。

でも初診時患者さんには、永久歯から始めても混合歯列期から始めても料金はほぼ同じですと説明している。

まだケースが少ないので、もう少し増えたら、どう考えたら適当なのか検討したい。

来年、消費税が10%になるという。このような機会が料金改定には良さそうな時期に思われる。

よく考えて適切な料金を患者さんに提示できるようにしていきたい。

矯正料金

 

ブログ2018年11月|18:43:45

このページのトップへ