1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 歯列弓幅径を狭める

カテゴリー

最新の記事

2018.12.08
治療開始時期
2018.12.07
今日の最後は矯正相談
2018.12.05
マルチブラケット撤去
2018.12.03
乳歯の抜歯が多かった
2018.12.01
歯根吸収の経過観察

アーカイブ

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。年末・年始の休診日にご注意ください。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年11月26日の記事

歯列弓幅径を狭める2018/11/26

口唇閉鎖値は日本矯正歯科学会第61,64,66回大会での発表に基づき考案しました。

外科併用手術の術前矯正の最終段階は手術を予測しての歯列弓幅径の調整だ。

20代男性で前回までにレベリングが進み、印象採得して石膏模型を作り手術を予測した。

下顎前突であるため、手術では下顎を後退させることになる。

そうすると多くは上顎臼歯幅径は広く、下顎は狭い状態になることが多い。

そのためには上顎臼歯の幅径を狭める必要がある。

そのやり方はいろいろあるだろうが、前回はアーチワイヤーに沿って幅の狭くしたアーチの0.9㎜線をしばりつけた。

ずっと昔にやったことはあるが最近ではなかった。

今回その効果を見ることが出来た。

口腔内を見ただけで、両側大臼歯が頰側傾斜していた状態ではなくなっていた。

確認のため今回も印象採得し石膏模型を上下顎合わせてみた。

前歯部を適切なオーバジェットにして臼歯の上下顎幅径の調和と咬頭嵌合を見てみた。

かなり良い感じになっていた。前回の模型もあったので比較もできた。

前回より明らかに上顎臼歯幅径が狭くなっていた。

これで術前矯正が終わりの段階となったと思った。

これで手術前検査、診断、口腔外科での手術の確認と進める。

年内というわけにはいかないだろうが、年明け早々に手術が可能かと考えている。

治療について

ブログ2018年11月|19:17:48

このページのトップへ