カテゴリー

最新の記事

2019.06.25
顎変形症の相談
2019.06.24
ブラジルの方の相談
2019.06.22
上下顎前突の保定診断
2019.06.21
ドルフィンで顎の移動シュミレーション
2019.06.19
下顎前歯埋伏歯2本

アーカイブ

カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年12月8日の記事

治療開始時期2018/12/08

今日の矯正相談は17歳高校2年生女子。

症状は前歯部叢生で抜歯ケースになるかも知れないが特別に難しいとも思わなかった。

しかし、治療の時期が問題となる。

高校生活はあと1年3ヶ月ほど、この期間では矯正の動的治療を終えることはできない。

相談者は進学校のため大学の進学を考えている。

おそらく住まいを換えることになる。

その際、残りの治療期間を月1度通うことができるかどうかと言うことになる。

東京程度の距離だと可能だがそれ以上離れると難しくなる。

それならば大学に入学してからではどうかというと、今度は2年生位で外国留学を考えているという。

この状況では1カ所の医院で継続して治療を受けることはできない。

日本臨床矯正歯科医会では転医はいつでもどこへでも自由にできることを基本にしているようだ。

だからといって転医を前提に引き受けるのは気になる。

できる限りスムーズな転医ができるように、治療の流れや料金を考慮しても、やはり1カ所で治療を継続した方が良いと思う。

このケースの場合はすぐに引き受けて高校中でできるだけ進めておくのが良いのかなと思っている。

矯正相談

 

ブログ2018年12月|18:33:12

このページのトップへ