カテゴリー

最新の記事

2019.06.19
下顎前歯埋伏歯2本
2019.06.18
歯根吸収と埋伏歯
2019.06.17
今日は混合歯列期が多かった
2019.06.15
治療方針の変更
2019.06.14
クリアリテーナー作製を1階で

アーカイブ

カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年12月10日の記事

埋伏犬歯1年待ち2018/12/10

14歳の女の子の再診断を行った。

1年前にⅠ級叢生で抜歯ケースであることの治療方針を立てていた。

しかし、右上の犬歯が水平に近いくらい近心傾斜した。

その上に第一小臼歯と第二小臼歯が存在した。

これは、まず右上の第一小臼歯を抜歯して、犬歯がどのような動きを示すか見ることだろうと考えた。

抜歯依頼して1年が過ぎた。時々レントゲンを撮り動きを観察していた。

1年が過ぎて歯冠の一部が萌出してきた。

レントゲン写真を撮影してみると向きをかえて良い位置に出始めたことが確認できた。

結果として抜歯して1年間待ったのは正解だった。

この結果が1年前に分かっていれば、その時に始めた方が早く治療が終えることになるだろう。

ただ、それがまだはかっきり分かっていないのが、現状だと思う。

もし犬歯が1年経っても埋伏したままならば、また別の治療計画となる。

治療は早い決着が好きな方だが待つのも大切な治療方針だと感じた。

治療について

ブログ2018年12月|19:17:37

このページのトップへ