1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 矯正治療後の口元突出

カテゴリー

最新の記事

2019.06.19
下顎前歯埋伏歯2本
2019.06.18
歯根吸収と埋伏歯
2019.06.17
今日は混合歯列期が多かった
2019.06.15
治療方針の変更
2019.06.14
クリアリテーナー作製を1階で

アーカイブ

カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年12月11日の記事

矯正治療後の口元突出2018/12/11

先日、矯正治療後の口元の突出が気になり相談に来院した患者さんが今日、検査に来院した。

石膏の歯列模型を見ると、わずかな捻転も無くまさに正常咬合咬合と言えるだろう。

また、パノラX線写真をみると歯根吸収はなく、根の平行性は良好だ。

歯型や、パノラマX線写真からだけなら完璧な矯正の結果のようにみえる。

しかし、顔面写真で見ると口元の突出はとても気になる。

見た目だけでなく、オトガイの筋電計の検査ではとても閉じにくい値を示している。

初診時に矯正相談は当クリニックで3軒目と言っていた。私もこのような症例は積極的に引き受けたい方ではない。

でもこの程度の口元の突出と口唇閉鎖不全があり、その改善を強く望んでいるのなら引き受けようと思った。

それが通じたのか今日の検査になったわけだ。

初診で抜歯ケースと外科併用症例を見せたが、抜歯して治療することになるだろう。

いつも診断時にはなんとか非抜歯でできないかと考える方だが、非抜歯の結果がこのようになったわけだ。

いつも矯正相談時に「歯並び、咬合だけではない。口元の改善も」といっている。

このケースはその説明に使わせてもらいたいくらいに思っている。

治療について

 

ブログ2018年12月|19:46:41

このページのトップへ