1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 舌圧測定ができない

カテゴリー

最新の記事

2019.08.24
ニューヨーク転居の続き
2019.08.23
1枠に兄弟3人初診相談
2019.08.21
仕上げに当たり細かい指摘
2019.08.20
新患者3人
2019.08.19
マルチブラケット期間3年9ヶ月

アーカイブ

カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年12月14日の記事

舌圧測定ができない2018/12/14

当クリニックでは矯正治療前後の一連の検査項目として舌圧の測定を行っている。

測定器の先にある小さい風船のようなものに圧力をかける。

それを舌と口蓋の間でつぶして、その圧力をデジタル表示して最高値を記録している。

大きなあたいがが出る患者さんもいれば小さい値の患者さんもいる。

以前に低年齢の子供で測定できないこどがあった。

それはやり方が理解できないのかなと思っていた。

今日は17歳の女子高生に測定を試みた。

この年齢ではやり方が理解できないことはないはずだ。

でも舌で口蓋の間に圧力のかかった風船状のものをつぶしていくことができない。

舌下に風船がいってしまう。なんどか指導してもできない。

結局、測定不能だった。

理由はよく分からないが、舌小帯が短いように見えた、またボタンプルによる口唇圧が異常に低かった。

このようなことと関連があるのだろうか。それが矯正治療の治療方針のかかわる、治療による改善が期待できるだろうか。

どのように治療と関連づけたらよいのか分からない。

でも、その様なことがあることを認識して治療に当たれば、通常の治療方針でも何かが分かってくるような気がする。

関心をもって治療に当たりたい。

治療について

ブログ2018年12月|19:38:32

このページのトップへ