カテゴリー

最新の記事

2019.06.25
顎変形症の相談
2019.06.24
ブラジルの方の相談
2019.06.22
上下顎前突の保定診断
2019.06.21
ドルフィンで顎の移動シュミレーション
2019.06.19
下顎前歯埋伏歯2本

アーカイブ

カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年12月17日の記事

矯正相談での主訴2018/12/17

今日の矯正相談は9歳男子、正中に過剰歯があってすでに5歳の時抜歯している。

それでも正中は2ミリ程度離開し左上中切歯は捻転していた。

主訴はそこにあった。しかし口腔内写真を撮っているとバイトは深く、オーバージェットもやや大きい。

それを中程度の上顎前突とみた。それを指摘したが、そんなことまったく気にしていなかったようだ。

そして、上顎前突治療の難しさは、主訴とはの捻転とは比較にならない。

このような状態の場合、主訴だけの治療を説明わけにはいかない。

一通り上顎前突の治療の流れを説明したが、どうもそれが主訴としてきた患者さんとは受け答えが違う。

説明する当方も積極的になれない。

認識していなかった身体の異常を専門的な見方で指摘したのは患者さんのために良いことなのだろう。

しかし、なぜかすっきりしない。

こんなことを思うのは、矯正治療の主訴が審美的要素が強いことや、自費料金であることが関係するのだろう。

矯正治療の特殊性かも知れない。

矯正相談

 

 

 

 

 

ブログ2018年12月|19:41:01

このページのトップへ