1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. きれいな歯肉で装置撤去できた

カテゴリー

最新の記事

2019.06.25
顎変形症の相談
2019.06.24
ブラジルの方の相談
2019.06.22
上下顎前突の保定診断
2019.06.21
ドルフィンで顎の移動シュミレーション
2019.06.19
下顎前歯埋伏歯2本

アーカイブ

カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2018年12月26日の記事

きれいな歯肉で装置撤去できた2018/12/26

今日、保定診断を行った患者さんは29歳女性。

初診時に厳しい開咬を伴う上顎前突だった。とても歯肉の状態が悪く装置をつけられない状態だった。

そこで、行きつけの歯科医院で診てもらうようにと言って、しばらく装置はつけなかった。

治療が終わったと戻ってきたが、ほとんど変化が無かった。

そこで、幸歯会のメンバーの飯島歯科医院に依頼した。

しばらく期間はかかったが、とてもきれいな歯肉となり驚いた。

やはり、歯科医院により、違いがあるものだと実感した。

治療方針は上顎のみの第一小臼歯抜歯だった。

その後マルチブラケットをつけて治療をしていったが、1年ほどして適切なオーバージェットになったが、まだ抜歯空隙があまっている。

オーバージェットが改善したらさらに口元を後退させたくなる。

そのためには下顎の抜歯が必要となり、さらに期間も長引くことになる。

その提案を、素直に受け止めてくれて、下顎の第2小臼歯の抜歯となった。

その後、長引いたけれど2年4ヶ月ほどでなんとか撤去に至った。

その間も飯島歯科医院で歯周を管理してもらったが、良い状態で装置撤去、保定診断となった。

歯肉が悪い人をとかく患者さんの口腔管理のせいにしがちだが、この件に関しては歯科医院のレベルの問題だった。

自分も良いレベルの矯正歯科治療をしなくてはと感じたところだった。

治療について

 

ブログ2018年12月|19:35:25

このページのトップへ