カテゴリー

最新の記事

2019.02.23
フィックスドリテーナ-3人接着
2019.02.22
日本臨床矯正歯科医会神奈川大会参加
2019.02.19
2年以内に終わったが
2019.02.18
顎変形症の手術後の再治療 
2019.02.16
午前、午後アンカースクリュー植立

アーカイブ

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。2月は学会出席のため、臨時休診日があります。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
2019年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2019年1月12日の記事

CT画像2019/01/12

今日の最後の診療で15才男子の右下智歯の抜歯依頼書を書いた。

この患者さんは、2015年に治療を引き継ぎ短期間で終了、その後保定を経て終了扱いになっていた。

引き継いだ時や動的治療終了時には右下7の傾斜が気になり指摘はしていた。

しかし、そのまま終了とした。最近、親知らずが出てきたとの連絡があり診せてもらった。

そうすると、気にしていたことの悪い方、右下7は近心傾斜がひどくなり、その上にのしかかるように右下8は出てきた。

最近このようなケースが多くなってきているように思う。

相談に来た前々日にあった湘南矯正歯科研究会でまさにそれが両側に起こったケースは発表されていた。

そのケースでは智歯ではなく第2大臼歯(7番)が両側とも抜かれていた。

このケースでは智歯を抜くことにしたが、その際、何もしないで観察していくか、すぐに牽引誘導するか決めかねていた。

そこで、パノラマX線写真では分かりにくい立体構造を見るためCT像が必要となった。

CTの撮影ができるレントゲン機は普通の歯科医院にも普及が始まっている。

しかし当クリニックにはまだ無い。そこで抜歯を依頼する予定の静岡医療センターに撮影をお願いした。

今日はその画像をもとに患者さんに説明した。

CTの輪切り像だけで立体を説明するのは難しい。

外科併用手術のために購入したソフト、ドルフィンでは立体に合成して分かりやすく見せることができる。

それを使って、患者さんの両親と本人に説明した。

立体像をくるくる回転させながらの説明は特に父親が興味を持っていたようだ。

結局、第2大臼歯は頰側にあり、その上の多くの骨はなさそうだったので、智歯抜歯のみで出てくることに期待した。

このようにCTは役に立つ。現在パノラマX線写真がどこの歯科医院にもあるようにCTも近い将来そうなるだろう。

当クリニックに入るのはいつかなと思いながら導入の時期を見計らっている。

治療について

 

ブログ2019年1月|19:57:00

このページのトップへ