1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 非抜歯を希望で抜歯に

カテゴリー

最新の記事

2019.02.23
フィックスドリテーナ-3人接着
2019.02.22
日本臨床矯正歯科医会神奈川大会参加
2019.02.19
2年以内に終わったが
2019.02.18
顎変形症の手術後の再治療 
2019.02.16
午前、午後アンカースクリュー植立

アーカイブ

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。2月は学会出席のため、臨時休診日があります。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
2019年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2019年1月23日の記事

非抜歯を希望で抜歯に2019/01/23

12歳男子の診断を行った。

骨格的に下顎がやや出ているものの標準範囲、上顎幅径がやや狭かった。

右側の2,4がクロスバイトで軽度な叢生だった。

側貌ではやや下唇がでていたが口唇閉鎖機能は正常範囲だった。

そこで、治療方針は非抜歯で上下顎歯列を少し側方に拡げて叢生とクロスバイトの改善とした。

その様な説明をしていたが、母親が下唇の出ていること気になって、抜歯ケースでも良いという。

その際、今までに見た非抜歯矯正の口元我出ていることが気になっていたようだ。

それなら抜歯で行きましょうと方針を変更した。

このケースは抜歯、非抜歯どちらでも治療できるが口元を重視するか、抜歯への抵抗感を重視するかということになる。

抜歯した方が治療は容易なケースとなる。

患者の男の子も特に抜歯に抵抗せず、依頼書を書くこととなった。

近頃は非抜歯治療の結果の口元を患者さんも意識するようになってきたのだろう。

治療について

 

ブログ2019年1月|19:19:39

このページのトップへ