1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. 顎変形症の手術後の再治療 

カテゴリー

最新の記事

2019.07.16
首が痛い
2019.07.13
検査2人は小学生
2019.07.12
抜歯、非抜歯の問題
2019.07.09
下顎運動測定器の再製作
2019.07.08
トリマー届く

アーカイブ

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。8/11~15は休診となりますので、ご注意ください。
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2019年2月18日の記事

顎変形症の手術後の再治療 2019/02/18

顎変形症手術は骨格的に矯正治療のみでは良好な結果を出せない症例に適用される。

そして、外科手術、術後矯正後、保定開始頃には良好な状態になっていることが多い。

しかし、保定中に上良く咬まなくなってくること時々ある。

その中の一部は再治療することになる。

再治療と言っても再手術での対応しかできない場合もあるが、今回のケースは矯正治療のみでの対応となった。

今日装置を装着した患者さんは男子大学生で2年ほど前に装置を撤去した。

その後、徐々に前歯部開咬が悪化してきた。舌癖がある。

現在はさらなる悪化はなく、手術前の様な状態になっているのではないが、再治療を希望した。

舌癖が治らないと、治療しても再度、開咬となる可能性があることも伝えた。

それでも、再治療を希望したのでマルチブラケットを装着した。

舌癖を改善のための口腔外科で付けてくれた装置はそのままにしておいた。

今後、装置による開咬の改善は可能だろうが、安定するかどうかが心配だ。

口腔周囲の筋のトレーニングなど考えなければならないのかもしれないがそれも難しそうだ。

治療について

ブログ2019年2月|19:14:38

このページのトップへ