カテゴリー

最新の記事

2019.09.21
ブラケット一時撤去
2019.09.20
急患5人
2019.09.18
顎変形症の男子高校生3人
2019.09.17
バンド周囲炎
2019.09.14
厳しい上下顎前突の相談

アーカイブ

カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2019年5月18日の記事

装置をはずす前に2019/05/18

マルチブラケットで治療し2年ほど経つとほぼ目標の歯列咬合になってくる。

そうするといつ装置を撤去するかということになる。

その際、大人の患者さんには、「ほぼ良いと思いますが何か気になっていることはありませんか」と聞くことにしている。

そうすると早く装置撤去を望む人は何も言わずに装置撤去に進む。

しかし、近頃は、気になっていることを言ってくる人も多くなった。

それだけ口の中への関心が高く、気になることが出てくるのだろう。

またネット情報などで知識が増えてきていることもあるだろう。

それは悪いことではないのでできるだけ聞くことにしている。

しかし、歯科については素人の患者さんが要求するわけだから、理解しにくいこともある。

だから、わからないときには口腔内写真を撮影したり、石膏模型を作ったりして一緒に検討する。

そうして相談しても私の知る歯科の知識ではおかしいと思われることも望んでくることもある。

もちろんそれには丁寧に説明するが、全く無視することはしていない。

今日の30代の女性方は上下顎の正中がだいぶずれていたが今日はのは0.5㎜程度に改善していた。

それは承知だが、その改善より治療期間の短縮に価値を感じて撤去の提案と気になることを聞いた。

その結果、正中の改善を望まれた。

できないこととは思わないので了解してその処置を行った。

期間が延びても細かいところまでの治療を望む方が多くなってきているようだ。

治療について

 

ブログ2019年5月|18:04:15

このページのトップへ