1. TOP
  2. 大川矯正歯科クリニック Blog
  3. ドルフィンでできること

カテゴリー

最新の記事

2019.06.19
下顎前歯埋伏歯2本
2019.06.18
歯根吸収と埋伏歯
2019.06.17
今日は混合歯列期が多かった
2019.06.15
治療方針の変更
2019.06.14
クリアリテーナー作製を1階で

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
RSSで受け取る
  • ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせはこちら 当院は、完全予約制です お電話でのご予約・お問い合わせ 055-922-3338 診療時間(木・日・祭日休診) AM10:00~PM6:30

診療日カレンダー

診療は予約制となります。夕方、土曜日は予約の希望が多いため、早めの連絡をお願いします。詳しい時間は受付にお問い合わせください。
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 休診日
  • 臨時休診日
    • クリニック紹介 院長の紹介他、アクセス情報も記載しています。
    • 矯正料金 各症例ごとの矯正料金の目安をご覧いただけます。
  • モバイルサイト QRコードを読み取ることで、簡単にアクセスできます。
  • 日本臨床 矯正歯科医会

2019年6月11日の記事

ドルフィンでできること2019/06/11

一昨日の顎変形症学会で刺激を受けて分析ソフトドルフィンに向かった。

3月、4月頃に何例か分析しサージカルプレートを作ったりしてかなりなじんだ。

しかし最近は遠ざかりソフトを立ち上げることも無かった。

学会の発表のなかで頭蓋を一般的な3Dプリンターでプリントできると知った。

早速、ドルフィンを扱うジーシーオルソリーに電話した。

ドルフィンでDICOMデータをSTLデータに変換して3Dプリンターに出力することができるが分かった。

それができれば、患者さんの頭蓋のプラスティック模型を作ることができ、治療計画を立てやすい。

そんなことは業者が高額で以前からやっていることだが、今回の発表はそれが安価に自分でできると言うことだった。

そこでそのやり方を教えてもらった。教わって良かったのは骨だけでなく軟組織、すなわち顔をプリントできることだった。

これは、非常に役立ちそうだと思った。

そして、手術をシュミレーションたデータをSTLデータで出せないかと尋ねた。

しかしそれについては、できそうもないような返事だった。

でも思いついたことは、きっとできると思う。たぶん誰かがもうやっているかもしれない。

そんなことに興味を持ったので、これからしばらくドルフィンと勤しむだろう。

治療について

 

ブログ2019年6月|19:20:31

このページのトップへ